印 章 ○印の歴史 ○印鑑の種類 ○署名と記名捺印 ○実印と印鑑登録 
会社の印鑑 ○署名、印鑑をめぐるトラブル ○「書」の落款 ○豆知識



1784年、現在の福岡市東区志賀島より出土した。永らく福岡藩主黒田家に保管されていたが、その後福岡市に寄贈された。現在は福岡市博物館で常設展示している。金印の鈕(紐をとおす部分)は蛇の形で、印面には「漢委奴国王(漢の委(倭)の奴の国王)」と彫られている。中国の歴史書「後漢書」に「建武中元2年(57)倭の奴国奉貢朝賀す。・・・光武(後漢の皇帝光武帝)賜うに印綬を以てす。」とある。弥生時代に福岡平野にあった奴国は、当時の日本列島では最も栄えていた国の一つで、後漢王朝に使節を派遣し、光武帝から贈られたのが、この金印である。印面の一辺の長さは2.47cmで漢時代の一寸にほぼ等しい。この金印は二千年の中国との交流を証明するものである。