認印を仕事印、家庭印ともいいます。
荷物や郵便物の受け取りにと日常生活で最も使用頻度の高い印鑑です。
職場との併用をさけ、別に仕事印(営業印)をお作りになり、使っている方もおります。
通常、「姓」のみを縦に印刻するのが一般的ですが、女性の場合「名」を印刻してもかまいません。

印相体
篆書体
古印体
隷書体 楷書体 行書体 草書体
姓名のもつ画数を印相八方位への配当,接触によって運気を補強し,「転化為福」を祈願する書体。印によって姓名の凶相を補う書体。 漢時代の印は,ほとんど角印であったことから,小篆をその中へ納めやすいようにと考案された書体。角印・丸印等に配分しやすく,やや角ばり,荘重。 倭古印(やまとこいん)の字風がもとになり,日本ではじめられた印章用の書体。線に強弱等の変化をつけて工夫された古雅なもの。 曲線的な小篆を、直線的に簡易化し、点画は蔵鋒(返し筆)とし、終筆は力を入れて締め、波磔のないもので、方頸古拙の味を表現したもの。 篆書より後にできましたが六朝から唐初頭にかけては、まだ統一されていませんでした。その後印刷技術の普及、隆盛に伴って正体として、用いられるようになったものです。
楷書を簡略にしたものです。
隷書を早書きしているうちにできたと考えられ、書体の章草よりも、さらに書きやすく改められたものです。
認印を購入される方は印材とサイズ、書体を選んで下さい
用途 認 印
印 材
サイズ mm
書 体
サイズ、価格について