印相体
篆書体
古印体
姓名のもつ画数を印相八方位への配当,接触によって運気を補強し,「転化為福」を祈願する書体。印によって姓名の凶相を補う書体といわれる 漢時代の印は,ほとんど角印であったことから,小篆をその中へ納めやすいようにと考案された書体。角印・丸印等に配分しやすく,やや角ばり,荘重 倭古印(やまとこいん)の字風がもとになり,日本ではじめられた印章用の書体。線に強弱等の変化をつけて工夫された古雅なもの
法人用角印を購入される方は印材と書体を選んで下さい
用途 角印
印 材
サイズ
書 体
サイズ、価格について