印材の種類
象牙印鑑の知識
印鑑のできるまで
印章彫刻士
印鑑の用途
書体の種類
印鑑の書体

現在、当社へご注文いただいている書体(字体)を左からご希望の多い順に並べてみました。一番多いのが、姓名鑑定の結果から接点を算出、開運を祈願して印刻する印相体(開運吉相体)、次に多いのが篆書体、そして古印体、隷書体、楷書体、行書体、草書体の順と続きます。
六郷印章センターでは、個人用印鑑については伝統ある下記七書体でご注文をお受けしています。
ご自分の気に入った書体をお選びの上、ご注文ください。
印相体
篆書体
古印体
隷書体
楷書体
行書体
草書体
小倉 保平
宮澤 賢治
齋藤 賢吉
福田 秀雄
浅倉 重憲
木村 長司
佐野 清松

個人用手彫り開運吉相印(セット印見本)
個人用実印書体見本

実印
(印相体)
銀行印
(印相体)
認印
(印相体)


印相体
篆書体
古印体

通常、姓名を彫りますが、女性の場合には「名」のみを横に彫ってもかまいません。

個人用銀行印書体見本
個人用認印書体見本

印相体
篆書体
古印体

銀行印は「姓」のみを印刻して、実印と使い分けています。
但し、女性の場合には「名」のみを横に彫ってもかまいません。


印相体
篆書体
古印体

認印は「姓」のみを印刻するのが一般的ですが、
女性の場合には「名」のみを彫ってもかまいません。

法人用手彫り開運吉相印(セット印見本)
法人代表者印書体見本

代表者印
(印相体)
銀行印
(印相体)
角印
(印相体)


印相体
篆書体
古印体

法人用角印書体見本

印相体
篆書体
古印体