印材の種類
象牙印鑑の知識
印鑑のできるまで
印章彫刻士
印鑑の用途
書体の種類
印鑑の書体

印鑑に用いられる字体は篆書、隷書、古印体などと変遷して、現在のようなものとなり、さらにそれらの古字が書体において楷書、行書、草書などと変化したものです。

草書
古印
古印体
草書
行書
楷書
隷書
印篆
小篆
古文

篆 書
 中国太古の「甲骨文字」を統一して制定された円頸古拙の文字であり、長い間に自然発生したものと考えられています。
 単に篆書という場合には、代表的に小篆をさしていることが多いのですが、甲骨文・籀文(ちゅうぶん)古文を含めて秦篆(小篆)までを篆書ということもあります。
大 篆
 西周の宜王の時代に、太史の籀が「史籀篇」を作って前文を統一整理したのが大篆であるといわれており、「籀文(ちゅうぶん)」とも呼ばれています。
小 篆
 秦の始皇帝の天下統一後、李斯に命じ、周で使われていた籀文(ちゅうぶん)を基礎にして、省略し種々改めて統一したものです。
 背が高く丸みのある、均整の取れた美しい文字で「秦篆」ともいわれています。
印 篆
 漢時代の印は、ほとんど角印でしたので小篆をその中へ納めやすいようにと考案された書体です。
角印・丸印等に配分しやすく、やや角ばり、壮重感があります。
隷 書
 曲線的な小篆を、直線的に簡易化し、点画は蔵鋒(返し筆)とし、終筆は力を入れて締め、波磔(主となる横画の右端かまたは右払いの先端のいずれか一ヶ所に波勢をつけること)のないもので、方頸古拙の味を表現したものである。
 秦の時代に作られたと伝えられ、前漢の時代に一般化したものです。
古印体
 倭古印(やまとこいん)の字風がもとになって生まれたもので、日本で始められた印章用の書体です。
鋳印の際に生じた鋳だまりや、銅の流れぐあいによって生じた切れぎれの所があり、また線に強弱等の変化をつけて工夫された古雅なものといえます。
楷 書
 中国の後漢の末頃になって、隷書の中から順次脱化し、八分から変化したものです。
篆書より後にできましたが六朝から唐初頭にかけては、まだ統一されていませんでした。
 その後印刷技術の普及、隆盛に伴って正体として、用いられるようになったものです。
行 書
 楷書を簡略にしたものです。
草 書
 隷書を早書きしているうちにできたと考えられ、書体の章草よりも、さらに書きやすく改められたものです。
片仮名
(カタカナ)

 日本で作られた表音文字で、漢字の字画の一部だけをとり、他の部分を捨ててできた文字で、字源は万葉仮名に発しているものです。
 「呂」から口をとって「ろ」と読むという具合です。吉備の真備の作と伝えられていますが定説ではありません。
平仮名
(ひらがな)

 日本で平安時代初期に作られた表音文字で、漢字の字画全体を極端に崩してできた文字です。弘法大師の作と伝えられていますが定説ではありません。