印材の種類
象牙印鑑の知識
印鑑のできるまで
印章彫刻士
印鑑の用途
書体の種類
印鑑の書体
関連する内容が、「印の雑学事典」にも掲載されていますので、参考にしてください。
実 印
実印は「印鑑登録」をして「印鑑証明」を発行してもらい使用する印鑑の中で、一番重要な印鑑です。大げさな言い方ですが持つ人自身の象徴として、生涯をともにする大切な印鑑です。市区町村役場に登録の済んだ印鑑を実印といいます。
山崎光代
(印相体)

登録できる印鑑の条件

※本人が病気その他の理由で自らできない場合は、委任状によって代理人でも申請可能です。

(女性の場合「名」のみでも登録できます。)

(ゴム印、合成樹脂製三文判、ロウ石等)

※市町村条例により異なる場合があります。

銀行印
財産印ともいい、信用印、また信頼関係を継ぐ印鑑です。銀行、郵便局、信用組合等金融機関の預金関係や保険、有価証券等資産の運用を受持つ大切な印鑑です。
通常、銀行印は「姓」のみを印刻して、実印と使い分けています。
建 部
(篆書体)

認 印
仕事印、家庭印ともいい、荷物や郵便物の受け取りにと日常生活で最も使用頻度の高い印鑑です。認印は「姓」のみを印刻するのが一般的です。 
若 松
(古印体)
法人代表者印
法人が組織の実印として法務局に登録する印鑑を代表者印といいます。商法上の慣習で氏名印でも登録できますが、社名、役職名を彫刻しておくほうが無難です。
その他に社印(角印)、銀行印、割印等があります
(印相体)